日記

2022-05-10 17:00:00

『考えるな!叩け!』と教えてくれた教則本

こんにちは、加藤ショウゴです。

今さらながら、この教則本を紹介します。

それは、『ステックコントロール』です。

 

 

王道中の王道の、教則本です。

とにかく、同じパターンで、違う手順を、たくさん掲載しています。

最近は、この『ステックコントロール』を開き、何も考えずに、叩くということをやっています。

 

ストロークには、フル・ダウン・アップ・タップの、4種類ありますが、あえて、そのようなことは考えません。

やっている練習方法は、以下の通りです。

 

①メトロノームを、BPM40前後に設定し、2拍子で叩きます。

②ステックのストロークは、フルストロークのみ。ただ、あまり考えないで、手順通り叩きます。

③くり返しは、8回でも、10回でも、何なら4回でもいいので、日々の練習に、気軽に取り組める設定でいきましょう。

 

とりあえずは、はじめの、3ページだけで十分です。

気が向いたら、3連系、オープンロールにも挑戦すればよいと思います。

 

一番ダメなのは、「こうしなきゃいけない」という決めごとを、作ることです。

ただただ、叩くことだけ考えましょう。

進めていくうちに、つまづく手順も出てきますが、気にせず、先に進んでください。

実は、これが最大のポイントです。

 

この練習の最大のメリットは、いつも叩いている、フレーズのキレが良くなることです。

リバウンドを、効果的に使えるようになることで、キレにも、つながるのだと思います。

とても、地味な練習にはなりますが、楽しくなってくるところが、不思議です。

日々のデイリートレーニングに、取り入れてみてください。

加藤ショウゴでした!